新製品情報 WASABI

KASKは3月6日にイタリアで開催されたワールドツアーレースのストラーデ・ビアンケ2021で、新製品のWASABIを発表しました。このモデルはこれまでも両者のパートナーシップにより数々のINEOS Grenadiersとのパートナーシップから誕生した最新作で、ロードはもちろんオフロードでの使用も可能です。今後、グラベルやシクロクロスなど、多くのシーンでWASABIを目にすることになりそうです。

右側がエンチレーションを全開にした状態

前頭部にワンタッチで開閉できるベンチレーションを設けてあるのが外観上の特徴で、このベントの調整により、ヘルメット内部の温度上昇を1.5℃に抑えることができます(速度等イコールコンディションの実験による)。また、この開閉機能による空気抵抗はミニマムで、風洞実験によると、時速50kmの走行時において解放時のパワー損失は1ワット未満とされます。

インナーパッドにはイタリアのREDAが製造したプレミアムメリノウールを採用して高い快適性を確保。安全性においては欧州基準のWG11をクリアしています。

モデル名のWASABIは、我が国の山葵が由来とのことです。現時点で価格やカラー、各種スペック、日本への導入時期などは未定ですが、詳細が決まり次第、本ページは弊社のSNS等でお知らせいたします。