Urban Model 発表

北イタリアのベルガモから、世界中に良質なヘルメットを送り届けるKASK社。スポーツモデルはロードレースのトップカテゴリーで戦う“INEOS Grenadiers”の機材サポートを行い、ヘルメットを通してチームを常勝軍団へと導きました。KASKはヘルメット製造のスペシャリストで、スポーツ用では自転車のほかにスキー&スノーボードや馬術のヘルメット、また建設業等の現場で使う安全用ヘルメットの開発製造を行い、それぞれのジャンルで高い評価を得ています。

自転車用のヘルメットはINEOS Grenadiersと共同開発を行い、安全で軽量、通気性も抜群のモデルを市場に送り出して来ました。世界のトップチームが使うことで、ロード用ヘルメットのイメージが強いKASKですが、実はそんなプロユースと同じくらい、力を入れて開発しているのがアーバン用ヘルメットです。それはKASKの製品に対するコンセプトが「ヘルメットで安全性を担保する」ことであり、ツール・ド・フランスでINEOS Grenadiersの選手が無事に栄冠を手にすることと同様、街中のサイクリストにもKASKのヘルメットで安全を提供したい強い想いからです。

2021年4月、KASKは新しいアーバンユースのヘルメットを2種リリースします。それは“URBAN R(アーバン アール)”と“MOEBIUS(メビウス)”です。我が国において、コロナ禍で通勤に公共交通機関を避け、職場への通勤に自転車の積極利用をしている人たちが増えていることを実感します。それは世界的なムーブメントであり、KASKとしてもこのタイミングで新しいモデルを投入してきたわけです。しかしアーバン用モデル2種といっても、その違いはなにか。この疑問に対してKASKはわかりやすい答えを用意していました。

カジュアルなヘルメット“MOEBIUS”

インフォーマルなヘルメット“URBAN R”

MOEBIUSは、ロードでもMTBでも、スポーツ車を颯爽と乗りこなすアクティブな層に向けたヘルメット。ロードモデルのようにたくさんのベントホールはありませんが。前頭部に開いたホールから効率よく取り込んだフレッシュエアを後頭部の大きなホールから抜き、ヘルメット内部のムレを防ぎます。脱着可能な小さなバイザーが付属しますが、このヘルメットのデザイン上のアクセントであり、少々の雨や光の反射を防いでくれます。カラーバリエーションもカジュアルウェアに似合うマット系の5色展開。程よくスポーツのテイストを持ちながら、E-BIKEにも似合う秀逸なデザインです。

対するURBAN Rは、ファッション性と機能性が絶妙にバランスされたヘルメット。スーツやジャケットに合わせても全く不自然ではない独特な雰囲気が特徴です。アイウェアを必要としない洒落たバイザーはUV防止機能に優れていますが、取り外しも可能。MOEBIUSほどスポーツライクではありませんが、その分、ムレを逃がすための開閉可能なアクティブベンチレーションが3か所、頭頂部から効率的にエアを抜きます。カラーラインアップはグロスカラーでMOEBIUSとの差別化を図り、前部のKASK3Dロゴが、このヘルメットの品位を高めます。

MOEBIUSとURBAN R。同じアーバンカテゴリーながら、しっかりとキャラクターを分けてきたKASK。もちろんどちらをどのように使うかはユーザー次第ですが、ともにねじれ衝撃に対する安全性を確保した新安全基準のWG11をクリアしたことは言うに及びません。MOEBIUS、URBAN Rともに、自転車販売店での予約は4月22日から。デリバリーは7月以降を予定しています。

MOEBIUS

カラーバリエーション:左上よりAsh、Champagne、Ivory、Jade、Onyx

販売価格:¥13,200(税込価格)
カラー:Ash・Champagne・Ivory・Jade・Onyx
サイズ:M(52-58cm)・L(59-62cm)
重量:420g(Mサイズ)
・現代的でスタイリッシュなデザイン
・摩耗に強いABS樹脂製のシェル
・アイウェアの使用に配慮したフィッティング調節システム
・多層織構造のチンストラップ
・ねじれの衝撃に対する安全性を確保した新基準WG11をクリア

URBAN R

カラーバリエーション:左よりNavy・Onyx・Ivory

販売価格:¥28,600(税込価格)
カラー:Navy・Onyx・Ivory
サイズ:M/L(54-59cm)・L/X(60-63cm)
重量:410g(M/Lサイズ バイザーを除く)
・UV防止効果に優れ(UV400)、脱着が可能なバイザーが付属(ライトスモーク)
・開閉式のアクティブベンチレーションで通気性の調節が可能
・抗菌加工を施したシームレスな構造の熱成型インナーパッド
・合成皮革製のチンストラップ
・ねじれの衝撃に対する安全性を確保した新基準WG11をクリア

新製品情報 WASABI

KASKは3月6日にイタリアで開催されたワールドツアーレースのストラーデ・ビアンケ2021で、新製品のWASABIを発表しました。このモデルはこれまでも両者のパートナーシップにより数々のINEOS Grenadiersとのパートナーシップから誕生した最新作で、ロードはもちろんオフロードでの使用も可能です。今後、グラベルやシクロクロスなど、多くのシーンでWASABIを目にすることになりそうです。

右側がエンチレーションを全開にした状態

前頭部にワンタッチで開閉できるベンチレーションを設けてあるのが外観上の特徴で、このベントの調整により、ヘルメット内部の温度上昇を1.5℃に抑えることができます(速度等イコールコンディションの実験による)。また、この開閉機能による空気抵抗はミニマムで、風洞実験によると、時速50kmの走行時において解放時のパワー損失は1ワット未満とされます。

インナーパッドにはイタリアのREDAが製造したプレミアムメリノウールを採用して高い快適性を確保。安全性においては欧州基準のWG11をクリアしています。

モデル名のWASABIは、我が国の山葵が由来とのことです。現時点で価格やカラー、各種スペック、日本への導入時期などは未定ですが、詳細が決まり次第、本ページは弊社のSNS等でお知らせいたします。

世界選手権男子個人エリートTTでフィリッポ・ガンナ選手が優勝

@Getty Images 

9月25日にイタリアのイモラサーキットを起点として開催された世界選手権のタイムトライアルで、KASKのBAMBINO PROで大気を切り裂き、イタリアのフィリッポ・ガンナ選手を優勝へと導きました。前半の計測ポイントでは、BMBINO PROを使うイネオス・グレナディアーズの選手がトップスリーを独占する快走をみせ、後半も気を吐いたガンナ選手が優勝しました。

レースの詳細やガンナ選手のコメント、BAMBINO PROがガンナ選手の勝利に貢献する様子などは、サイクリングファンのための情報サイト“cyclowired”さんに掲載されています。こちらも併せてご覧ください。
https://www.cyclowired.jp/news/node/332449

@Getty Images 

新製品情報 MOJITO³

MOJITO(モヒート)はKASKの人気シリーズです。コンパクトなフォルムとデザインで「頭が大きく見えない」ことから、女性サイクリストからも高い支持を得ているモデルですが、このたびMOJITOの第3世代が発売となりました。最新のMOJITOには“MOJITO³(モヒート・キューブ)”の名が与えられ、欧州基準のWG11をクリアした最新の安全性が自慢です。

オフィシャルサイト内にMOJITO³のページを公開しましたので、是非ともご覧ください。↓

http://www.kask-cycling.jp/products/mojito3.php

車いす陸上競技 洞ノ上 浩太選手

KASKのヘルメットを被り、車いすのフルマラソンで日夜戦い続ける洞ノ上浩太(ほきのうえこうた)選手。実は海外遠征も多く、2019年は1月のオーストラリアはキャンベラでのレースを皮切りに。4月はボストン、9月はソウルとベルリン、10月は中国の成都とシカゴ、そして11月のシンガポールを転戦されました。海外遠征の間に国内レースも数多く開催されるので、年間を通して移動も多く、車いすマラソンランナーの皆さんは、かなりタフなのです。KASKを愛用されているベテランの洞ノ上選手もそのおひとり。11月30日にシンガポールで行われた今年の最終戦「シンガポールフルマラソン2019」で優勝した洞ノ上選手。現在は来年の東京パラリンピックに向けて、世界ランキングを上げるために激しいトレーニングに励む毎日です。このたびヘルメットをPROTONEに新調。そのフィット感と通気性に太鼓判を押され、トレーニングにもいっそう熱が入るようです。東京パラリンピック出場に向けて頑張れ、洞ノ上浩太選手!

価格改定のお知らせ

Team Skyのために開発された軽量ヘルメット“VALEGRO”の価格を改定しました。より一層お求めやすくなったKASKテクノロジーを体感するチャンスです。
(価格は全て本体価格です)

通常カラー
旧価格:29,000円 → 新価格:25,000円

DOLOMITESカラー
旧価格:29,500円 → 新価格:26,000円

MATTカラー
旧価格:30,500円 → 新価格:28,000円

VALEGRO製品ページ → http://www.kask-cycling.jp/products/valegro.php

価格改定のお知らせ

一部モデルの価格を、2018年4月1日より下記の通り改定しました。
(価格は全て本体価格です)

INFINITY
旧価格:31,000円 → 新価格:29,500円

PROTONE 通常カラー
旧価格:34,000円 → 新価格:30,000円

PROTONE マットカラー
旧価格:37,000円 → 新価格:33,000円

PROTONEの下記8色は、全サイズオープン価格です。
BLK/LIME、LIME、NAVY BLU PINK、NAVY BLU WHT、PINK NAVY BLU、RED、WHT/L.BLU、WHT/LIME

MOJITOの下記8色は、オープン価格です。( )内はサイズです。
BLK/FUCHSIA(S・M・L)、BLK/LIME(S・M・L)、BLK ORG FLUO(S・M・L)、PINK NAVY BLU(S・M・L・XL)、WHT FUCHSIA(S・M・L)、WHT/L.BLU(S・M・L)、WHT/LIME(S・M・L)、WHT/RED(S・M・L)

価格改定のお知らせ

KASKヘルメットの価格を2018年3月1日より下記の通り改定しました。一部メディアで紹介されました新製品のVALEGROにつきましても、価格変更がございますますので、ご注意ください。
(価格は全て本体価格です)

 

RAPID 全カラー(7色)/全サイズ
旧価格:11,500円 → 新価格:9,500円

VERTIGO 2.0 通常カラー(7色)/全サイズ
旧価格:27,000円 → 新価格:22,000円

VERTIGO 2.0 BLK MATT/全サイズ
旧価格:30,000円 → 新価格:25,000円

VALEGRO  通常カラー(6色)/全サイズ
旧価格:27,000円 → 新価格:28,500円

 

KASK 2016 Maratona dles Dolomites 記念モデル

M15_Grafica_Pack_Casco2 (corretto)
M15_Grafica_Pack_Casco2 (corretto)

「Maratona Dles Dolomites(マラトナ・ドレス・ドロミテス)」は、イタリア北部のドロミテ山塊を舞台に開催される、獲得標高4,230m、9,000人を超える参加者を集める絶大な人気を誇るグランフォンドで、2016年7月3日の開催で30回目を迎えました。この記念大会を祝福してKASKが手掛ける記念へルメットは、ドロミテ山塊をカラフルなデカールで表現したデザインが特徴です。ベーシックなPROTONE、MOJITOを彩るデザインは、通常ラインとは異なった印象をヘルメットに与えています。

 

商品名:PROTONE DOLOMITES
カラー:BLK
価格 ¥35,000(本体価格)
サイズ:M・L
protone

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

商品名:MOJITO DOLOMITES
カラー:BLK・ WHT
価格 ¥21,000(本体価格)
サイズ:M・L
mojito

価格改定のお知らせ

2016年7月15日より、bambino proとinfinityの価格改定を行います。
ともにAEROカテゴリーに属する、空力に優れたモデルです。

BAMBINO PRO_WHT

bambino pro 新価格
¥50,000(旧価格¥53,500)
※税抜本体価格
bambino pro詳細ページ

 

 

 

 
infinity_3_4 fronte_aperto

infinity 新価格 

¥31,000(旧価格¥36,000)
※税抜本体価格
infinity詳細ページ

 

 

 
※価格表示は2016年7月15日に切り替わります。