Urban Model 発表

北イタリアのベルガモから、世界中に良質なヘルメットを送り届けるKASK社。スポーツモデルはロードレースのトップカテゴリーで戦う“INEOS Grenadiers”の機材サポートを行い、ヘルメットを通してチームを常勝軍団へと導きました。KASKはヘルメット製造のスペシャリストで、スポーツ用では自転車のほかにスキー&スノーボードや馬術のヘルメット、また建設業等の現場で使う安全用ヘルメットの開発製造を行い、それぞれのジャンルで高い評価を得ています。

自転車用のヘルメットはINEOS Grenadiersと共同開発を行い、安全で軽量、通気性も抜群のモデルを市場に送り出して来ました。世界のトップチームが使うことで、ロード用ヘルメットのイメージが強いKASKですが、実はそんなプロユースと同じくらい、力を入れて開発しているのがアーバン用ヘルメットです。それはKASKの製品に対するコンセプトが「ヘルメットで安全性を担保する」ことであり、ツール・ド・フランスでINEOS Grenadiersの選手が無事に栄冠を手にすることと同様、街中のサイクリストにもKASKのヘルメットで安全を提供したい強い想いからです。

2021年4月、KASKは新しいアーバンユースのヘルメットを2種リリースします。それは“URBAN R(アーバン アール)”と“MOEBIUS(メビウス)”です。我が国において、コロナ禍で通勤に公共交通機関を避け、職場への通勤に自転車の積極利用をしている人たちが増えていることを実感します。それは世界的なムーブメントであり、KASKとしてもこのタイミングで新しいモデルを投入してきたわけです。しかしアーバン用モデル2種といっても、その違いはなにか。この疑問に対してKASKはわかりやすい答えを用意していました。

カジュアルなヘルメット“MOEBIUS”

インフォーマルなヘルメット“URBAN R”

MOEBIUSは、ロードでもMTBでも、スポーツ車を颯爽と乗りこなすアクティブな層に向けたヘルメット。ロードモデルのようにたくさんのベントホールはありませんが。前頭部に開いたホールから効率よく取り込んだフレッシュエアを後頭部の大きなホールから抜き、ヘルメット内部のムレを防ぎます。脱着可能な小さなバイザーが付属しますが、このヘルメットのデザイン上のアクセントであり、少々の雨や光の反射を防いでくれます。カラーバリエーションもカジュアルウェアに似合うマット系の5色展開。程よくスポーツのテイストを持ちながら、E-BIKEにも似合う秀逸なデザインです。

対するURBAN Rは、ファッション性と機能性が絶妙にバランスされたヘルメット。スーツやジャケットに合わせても全く不自然ではない独特な雰囲気が特徴です。アイウェアを必要としない洒落たバイザーはUV防止機能に優れていますが、取り外しも可能。MOEBIUSほどスポーツライクではありませんが、その分、ムレを逃がすための開閉可能なアクティブベンチレーションが3か所、頭頂部から効率的にエアを抜きます。カラーラインアップはグロスカラーでMOEBIUSとの差別化を図り、前部のKASK3Dロゴが、このヘルメットの品位を高めます。

MOEBIUSとURBAN R。同じアーバンカテゴリーながら、しっかりとキャラクターを分けてきたKASK。もちろんどちらをどのように使うかはユーザー次第ですが、ともにねじれ衝撃に対する安全性を確保した新安全基準のWG11をクリアしたことは言うに及びません。MOEBIUS、URBAN Rともに、自転車販売店での予約は4月22日から。デリバリーは7月以降を予定しています。

MOEBIUS

カラーバリエーション:左上よりAsh、Champagne、Ivory、Jade、Onyx

販売価格:¥13,200(税込価格)
カラー:Ash・Champagne・Ivory・Jade・Onyx
サイズ:M(52-58cm)・L(59-62cm)
重量:420g(Mサイズ)
・現代的でスタイリッシュなデザイン
・摩耗に強いABS樹脂製のシェル
・アイウェアの使用に配慮したフィッティング調節システム
・多層織構造のチンストラップ
・ねじれの衝撃に対する安全性を確保した新基準WG11をクリア

URBAN R

カラーバリエーション:左よりNavy・Onyx・Ivory

販売価格:¥28,600(税込価格)
カラー:Navy・Onyx・Ivory
サイズ:M/L(54-59cm)・L/X(60-63cm)
重量:410g(M/Lサイズ バイザーを除く)
・UV防止効果に優れ(UV400)、脱着が可能なバイザーが付属(ライトスモーク)
・開閉式のアクティブベンチレーションで通気性の調節が可能
・抗菌加工を施したシームレスな構造の熱成型インナーパッド
・合成皮革製のチンストラップ
・ねじれの衝撃に対する安全性を確保した新基準WG11をクリア

新製品情報 WASABI

KASKは3月6日にイタリアで開催されたワールドツアーレースのストラーデ・ビアンケ2021で、新製品のWASABIを発表しました。このモデルはこれまでも両者のパートナーシップにより数々のINEOS Grenadiersとのパートナーシップから誕生した最新作で、ロードはもちろんオフロードでの使用も可能です。今後、グラベルやシクロクロスなど、多くのシーンでWASABIを目にすることになりそうです。

右側がエンチレーションを全開にした状態

前頭部にワンタッチで開閉できるベンチレーションを設けてあるのが外観上の特徴で、このベントの調整により、ヘルメット内部の温度上昇を1.5℃に抑えることができます(速度等イコールコンディションの実験による)。また、この開閉機能による空気抵抗はミニマムで、風洞実験によると、時速50kmの走行時において解放時のパワー損失は1ワット未満とされます。

インナーパッドにはイタリアのREDAが製造したプレミアムメリノウールを採用して高い快適性を確保。安全性においては欧州基準のWG11をクリアしています。

モデル名のWASABIは、我が国の山葵が由来とのことです。現時点で価格やカラー、各種スペック、日本への導入時期などは未定ですが、詳細が決まり次第、本ページは弊社のSNS等でお知らせいたします。

ブリッツエンラヴァーズ

ブリッツエンラヴァーズのYUUさん(左)と倉瀬満帆さん(右)

栃木県は自転車に熱い自治体です。例えば宇都宮市はジャパンカップ/クリテリウムで多くの観客を集め、プロロードレースチームの「宇都宮ブリッツエン」が地域と密着した活動でロードレースの街として広く知られるようになりました。

宇都宮ブリッツエンを運営するサイクルスポーツマネージメントでは、サイクリストの注目度が高まる栃木県に更なる自転車熱を送り込むため、またスポーツ自転車の業界を盛り上げるために2020年4月、5人組の女性ユニット「ブリッツエンラヴァーズ」を結成しました。彼女たちはプロ選手ではありませんが、それぞれが胸に秘めた「自転車愛」で、ステージMCやイベントのゲストライダーとして活躍。また個々のInstagramやTwitterなどのSNSを活用して、自転車や地域の魅力を発信しています。

そんなブリッツエンラヴァーズが愛用するヘルメットは、KASKのMOJITO X。彼女たちの活動は多岐にわたりますが、このたび栃木県佐野市の各スポットを自転車で巡りながら様々な体験をする、佐野市のPR動画にメンバーのYUUさんと倉瀬満帆さんが出演されました。栃木県の公式動画チャンネルを是非ともご覧ください。

栃木県、自転車を楽しむコンテンツが充実していますね。

世界選手権男子個人エリートTTでフィリッポ・ガンナ選手が優勝

@Getty Images 

9月25日にイタリアのイモラサーキットを起点として開催された世界選手権のタイムトライアルで、KASKのBAMBINO PROで大気を切り裂き、イタリアのフィリッポ・ガンナ選手を優勝へと導きました。前半の計測ポイントでは、BMBINO PROを使うイネオス・グレナディアーズの選手がトップスリーを独占する快走をみせ、後半も気を吐いたガンナ選手が優勝しました。

レースの詳細やガンナ選手のコメント、BAMBINO PROがガンナ選手の勝利に貢献する様子などは、サイクリングファンのための情報サイト“cyclowired”さんに掲載されています。こちらも併せてご覧ください。
https://www.cyclowired.jp/news/node/332449

@Getty Images 

新製品情報 MOJITO³

MOJITO(モヒート)はKASKの人気シリーズです。コンパクトなフォルムとデザインで「頭が大きく見えない」ことから、女性サイクリストからも高い支持を得ているモデルですが、このたびMOJITOの第3世代が発売となりました。最新のMOJITOには“MOJITO³(モヒート・キューブ)”の名が与えられ、欧州基準のWG11をクリアした最新の安全性が自慢です。

オフィシャルサイト内にMOJITO³のページを公開しましたので、是非ともご覧ください。↓

http://www.kask-cycling.jp/products/mojito3.php

価格改定のお知らせ

KASKヘルメットはLIFESTYLEを除く全モデルにおいて、価格の改定を行いました。よりいっそうお求めやすくなったKASKのヘルメットで、安全で快適なサイクリングライフをお過ごしください。(価格は全て本体価格です)

■BAMBINO PRO
 旧価格:50,000円 → 新価格:40,000円

■BAMBINO PRO マットカラー
 旧価格:53,500円 → 新価格:42,000円

■MISTRAL 全カラー
 旧価格:50,000円 → 新価格:42,000円

■UTOPIA 全カラー
 旧価格:34,000円 → 新価格:29,000

■PROTONE
 旧価格:30,000円 → 新価格:28,000円

■PROTONE マットカラー/PRO TEAMカラー
 旧価格:33,000円 → 新価格:31,000円

■INFINITY 全カラー
 旧価格:29,500円 → 新価格:26,000円

■VALEGRO
 旧価格:25,000円 → 新価格:22,000円

■VALEGRO マットカラー/PRO TEAMカラー
 旧価格:28,000円 → 新価格:25,000円

■MOJITO X
 旧価格:19,500円 → 新価格:16,000円

■MOJITO X マットカラー
 旧価格:22,000円 → 新価格:18,000円

■MOJITO X PEAK 全カラー
 旧価格:20,500円 → 新価格:17,000円

■RAPIDO 全カラー
 旧価格:9,500円 → 新価格:8,500円

■REX 全カラー
 旧価格:28,000円 → 新価格:22,000円

■CAIPI 全カラー
 旧価格:20,000円 → 新価格:18,000円

田崎友康選手とUTOPIA

田崎友康選手 所属 F(t)麒麟山 Racing

KASKのヘルメットを実戦で使い、結果を残している社会人レーサーの田崎友康選手。多忙な毎日の中、仕事とトレーニングの両立を図り、ロードレースやシクロクロスに参戦する田崎選手ですが、今回は使用するアイテムのひとつ、ヘルメットについてコメントをいただきました。

田崎選手は参加するレースのコースやプロファイルに合わせて、手持ちの機材のなかから最適なものを選びます。プライベーターとしてレースに臨む田崎選手は、限られた条件のなかで最良の結果を得るために使用する機材に妥協はありません。そんな田崎選手が選んだヘルメットはKASK。その基準はもちろん機能性です。軽量であること、エアの抜けが良いこと、そして万が一の時は(家族のためにも)しっかりと頭部を護ること。しかし、機能性オンリーとおもいきや、最後にひとこと「スタイリッシュであること」と小さな声でおっしゃいました。

そんな田崎選手が使用するモデルは、PROTONEとUTOPIA。所属する「F(t)麒麟山 Racing」のジャージ色に合わせて、ぞれぞれのカラーはPROTONEがホワイト。UTOPIAはオレンジ/ブラックを使います。

UTIPIA オレンジ/ブラック ※田崎選手使用モデルはプロトタイプで、ロゴはホワイトになります

本記事は、昨年の9月にJBCF南魚沼ロードレースにおいて、E2クラスで優勝を飾った時の写真とともに、田崎選手によるUTOPIAについてのコメントをお伝えします。

『UTOPIAの第一印象は「どちらが前か後ろか分からない、なんとなく未来的なイメージのヘルメット」でした。TeamSky(現INEOS)が実戦で使うエアロヘルメットとして、風洞実験を経て開発されたとのことですが、この独特なフォルムをみると、なるほど空力性能に長けているのだと実感。ヘルメットに限らず、エアロで大事なことは、後ろに流す風を乱さないことです』

『UTOPIAを実戦で使った印象ですが、中高速域では、うなじの部分に綺麗に風が流れるのを実感し、その感触から高い整流効果を感じます。そしてこの整流効果が効いているのか、ヘルメットの重さは全く気になりません(もともと軽いヘルメットですが…)』

『だひとつ、使う前に気になったことがありました。エアロ性能に長けているのはひと目で感じ取ったのですが、PROTONEに比べるとベンチレーションが少なく、「もしかしたら夏場のレースでは頭部が熱く、蒸れてしまうのではないか」と心配があったのです。でもそれは杞憂に過ぎませんでした。エアロ効果とベンチレーション効果が最適なのでしょうね。夏場のレースでも頭部に風の通り道があるようで(実際存在するのでしょう)、確実に頭部を冷やしてくれて、まだ暑い9月(2019年)のJBCF南魚沼ロードレースでは優勝することができました。このレースはゴールスプリント勝負になったのですが、ゴール手前でしっかり差し込めましたので、エアロ効果数ワットの違いは大きかったと思います。 コースレイアウトにもよりますが、アベレージスピードが高いレースでは、UTOPIAは手放せないヘルメットです』

以上、田崎選手のUTOPIAを実際にレースで使用した感想でした。

確かにベントホールの少なさから、内部にエアがこもり、蒸れを誘発するイメージはあります。しかしUTOPIAはロードやTT、トライアスロンでの使用を前提に開発されたモデルです。ともに開発したTeamINEOSの選手もUTOPIAを山岳ステージで使うことは考えにくいです。山岳ではVALEGROを使い、複雑なコースプロファイルではPROTONEを使い、フラットな高速コースではエアロ効果が活きるUTOPIAを使うわけです。

そんなUTOPIAですが、市販品のルックスには特徴があります。KASKのヘルメットにはもちろんロゴが入るわけですが、ロードのエアロ系シリーズにはKASKロゴを大胆に入れる傾向があります。

左よりINFINITY、UTOPIA、BAMBINO PRO

上記のなかでもロゴデザインをいちばん大胆に表現したのがUTOPIAで、結果、UTOPIAは何ものにも似ることのないルックスを手に入れました。第一線級の機能性を伴っていることは言うまでもありません。

UTOPIAは自転車専門誌BiCYCLE CLUB6月号とCycleSports6月号のヘルメット特集記事にて製品紹介記事を掲載中です。是非ともご覧ください。

車いす陸上競技 洞ノ上 浩太選手

KASKのヘルメットを被り、車いすのフルマラソンで日夜戦い続ける洞ノ上浩太(ほきのうえこうた)選手。実は海外遠征も多く、2019年は1月のオーストラリアはキャンベラでのレースを皮切りに。4月はボストン、9月はソウルとベルリン、10月は中国の成都とシカゴ、そして11月のシンガポールを転戦されました。海外遠征の間に国内レースも数多く開催されるので、年間を通して移動も多く、車いすマラソンランナーの皆さんは、かなりタフなのです。KASKを愛用されているベテランの洞ノ上選手もそのおひとり。11月30日にシンガポールで行われた今年の最終戦「シンガポールフルマラソン2019」で優勝した洞ノ上選手。現在は来年の東京パラリンピックに向けて、世界ランキングを上げるために激しいトレーニングに励む毎日です。このたびヘルメットをPROTONEに新調。そのフィット感と通気性に太鼓判を押され、トレーニングにもいっそう熱が入るようです。東京パラリンピック出場に向けて頑張れ、洞ノ上浩太選手!

価格改定のお知らせ

Team Skyのために開発された軽量ヘルメット“VALEGRO”の価格を改定しました。より一層お求めやすくなったKASKテクノロジーを体感するチャンスです。
(価格は全て本体価格です)

通常カラー
旧価格:29,000円 → 新価格:25,000円

DOLOMITESカラー
旧価格:29,500円 → 新価格:26,000円

MATTカラー
旧価格:30,500円 → 新価格:28,000円

VALEGRO製品ページ → http://www.kask-cycling.jp/products/valegro.php

価格改定のお知らせ

一部モデルの価格を、2018年4月1日より下記の通り改定しました。
(価格は全て本体価格です)

INFINITY
旧価格:31,000円 → 新価格:29,500円

PROTONE 通常カラー
旧価格:34,000円 → 新価格:30,000円

PROTONE マットカラー
旧価格:37,000円 → 新価格:33,000円

PROTONEの下記8色は、全サイズオープン価格です。
BLK/LIME、LIME、NAVY BLU PINK、NAVY BLU WHT、PINK NAVY BLU、RED、WHT/L.BLU、WHT/LIME

MOJITOの下記8色は、オープン価格です。( )内はサイズです。
BLK/FUCHSIA(S・M・L)、BLK/LIME(S・M・L)、BLK ORG FLUO(S・M・L)、PINK NAVY BLU(S・M・L・XL)、WHT FUCHSIA(S・M・L)、WHT/L.BLU(S・M・L)、WHT/LIME(S・M・L)、WHT/RED(S・M・L)