MOJITO³ Capsule Collection 2

KASKのMOJITOは、イネオス・グレナディアーズ(当時のTeamSky)との共同開発によって誕生したモデルでした。ブランドのボリュームゾーンとして世界中のサイクリストから絶大な支持を受けたMOJITOの名は、KASKの代名詞として後継モデルに受け継がれ、2020年の夏、最新のMOJITO³(モヒート・キューブ)へと進化しました。

このMOJITO³の登場によって、KASKラインアップにおけるMOJITOの役割が、レーシング寄りからミドルレンジとタウンユースをカバーするような幅広いものとなりました。それはMOJITO³から採用された欧州基準WG11によるところも大きく、ボリュウムゾーンのモデルをフックに、安心安全なKASKのヘルメットとして、より多くのユーザーにMOJITO³の優秀性、そしてKASKヘルメットの安全性を提供したのです。

そしてこのアクションを加速させるため、KASKはスタイリッシュなMOJITO³に「色彩」の個性を与えました。具体的には2021年7月に発表された5色の限定カラー「カプセル・コレクション」です。この限定カラーはイタリアンブランドらしい美しいペイントが特徴でしたが、2021年晩夏、KASKは更なる色彩の個性「カプセル・コレクション第二弾」を発表。テーマは「ヨーロッパ、夏の自然」です。

美しいペイントもさることながら、新たなMOJITO³の色彩を個々に見ると、イタリア人の感性や美意識を強く感じます。そしてカプセル・コレクションの5つのカラーを並べてみると、なるほど、どこまでも青く明るい空や高い太陽、咲き乱れる花々や揺れる草木が目に浮かびます。それはアジアでもアメリカでもなく、まぎれもなくヨーロッパの自然です。

市場には多くのヘルメットが出回り、ユーザーは選ぶことができる立場です。あまたある商品のなかから選ばれるものの基本は、個性や機能が際立ち、ユーザーがそれにお金を支払う価値を見出せるかです。もちろん価格も重要な要素ですが、ささやかでも「商品が持つストーリーや意味」を無視することはできないとKASKは考えます。

MOJITO³ カプセル・コレクション第二弾は「ヨーロッパ、夏の自然」をイメージできる、プライスレスなショートストーリーを持ったヘルメットです。

RED
LAVENDER
KOO BLUE
ARCTIC BLUE
LIME

MOJITO³ Capsule Collection 2 

価格:19,800円(税込価格)
サイズ:S(50-56cm)M(52-58cm)L(59-62cm)
    ※重量:230g(Mサイズ)

・KASKの象徴的モデルMOJITOの第3世代
・「ヨーロッパの夏の自然」をイメージした、モネの風景画のような鮮やかな色使いの限定シリーズ
・「今までで最も安全なヘルメット」を目指し、従来品と比べて後部で+32%、前部で+25%、上部で+12%の衝撃吸収向上を実現 
・ねじれ衝撃に対する安全性を含む欧州基準WG11に適合 
・軽量で柔軟なKASK独自のOCTO FIT SYSTEMを採用。ラバーコーティングされた調整ダイヤルは走行中でも簡単にフィッテイングの修正が可能 
・保護ポリカーボネートを、ヘルメット後部を含む外側全体から内側に回り込むように配置するMIT TECHNOLOGYは、全てのKASKヘルメットに採用される保護システム。転倒時に内部シェルを維持して衝撃を吸収し、ヘルメット本体の粉砕を防止 
・総面積約90%の開口部で高い通気性を確保 
・内部のポリスチレン層を外部のポリカーボネートと連結し、より優れた衝撃吸収性を実現するIN MOULDING TECHNOLOGY 
・通気性に優れたナイロン製のBLUE TECHインナーパッド 
・前モデルまでのシルエットを踏襲しながら凸部を減らしたコンパクトなフォルム 
・後部からの視認性を高める反射素材のアクセント

※1回限りの限定生産/入荷となります。

VALEGRO Capsule Collection 2021


KASKのヘルメットは、どのモデルも機能的で、デザインにも優れています。それぞれのモデルに個性的な特徴や最適な使用シーンがあり、ユーザーは用途に合ったモデルを選ぶことができます。モデルやカラーなど、その選択肢が豊富であることや、KASKのヘルメットが日本人の頭の形にフィットすることが、我が国においてもKASKのヘルメットが多くのサイクリストから支持される理由です。

― VALEGRO ―

それはKASKが常勝軍団のTeamSky(現イネオス・グレナディアーズ)と共同開発したヘルメットです。VALEGROのコンセプトはふたつ、「通気性」と「軽量性」。たとえ低速時の走行であっても、効率よく空気が抜けてゆく快適さを一度でも体感すれば手放せないこと、そして抜群に「軽い」ことが、レースの現場から生み出されたVALEGROの絶対的なアドバンテージ。そんなVALEGROですが、レギュラーカラーのバリエーションは比較的落ち着いた色合いで、アースカラー寄りの雰囲気を持ったヘルメットです。今回ご案内するカプセルコレクションは、そんなVALEGROのイメージを一新するような、5色の優しいナチュラルカラーを揃えたことが特徴。

一度限りの生産となりますが、VALEGROの素晴らしさを少しだけ違ったキャラクターのカラーで体感できるのが、VALEGRO Capsule Collection 2021です。

販売価格:¥25,300(税込価格)
・カラー:Aquamarine・Ash・Gypsum・Olive Green・Yellow
・サイズ:M(52-58cm)・L(59-62cm)
・重量:180g

左から Aquamarine・Ash・Gypsum・Olive Green・Yellow

※デリバリーは2021年9月以降

KOO ENERGY CAPSULE COLLECTION

KOOのアンバサダー、アルベルト・コンタドール氏

イタリアンヘルメットブランドのKASKが、KASKヘルメットとデザインの調和を目指して作り上げたアイウェアブランドのKOO(クー)。2021年夏、スポーツ用からカジュアルまで、多彩なモデルを揃えるKOOより、ENERGY CAPSULE COLLECTIONが発売。

このコレクションは、自転車レースの世界にも暗い影を落とした2020年から、エキサイティングなシーズンに向けて再出発を果たした、プロ選手をはじめとした全てのサイクリストに向けてKOOが発信したもの。「新たな始まり」のための活力にインスパイアされた情熱的なカラーを、スポーツ用のハイエンドモデルである、SPECTROとDEMOSに落とし込みました。世界中のアスリートと共に時代の変化を受け入れ、新鮮な視点を持って新しいチャンスに挑戦する気持ちを、サングラスのフレームで表現したものです。

ENERGY CAPSULE COLLECTION SPECTRO

ENERGY CAPSULE COLLECTION SPECTRO  左:オレンジ・フロー 右:イエロー・フロー

角ばったデザインが目を惹くSPECTROは、フルフレーム+大型レンズによる広い視野を確保できるモデルであり、顔に怪我を覆うリスクも減らす。UCIワールドチームのトレック・セガフレードへ供給されるモデル。オプションのオプティカル・クリップは、眼鏡を使用するユーザーのために度を入れることができます。(SPECTRO/DEMOS専用)

オレンジ・フロー
イエロー・フロー

・税込価格:¥23,100
・フレームカラー:オレンジ・フロー、イエロー・フロー
・レンズカラー:レッドミラー/可視光線透過率:23% 
・重量:37g 
・フレーム幅:144mm 
・テンプル長:125mm 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ENERGY CAPSULE COLLECTION DEMOS

ENERGY CAPSULE COLLECTION DEMOS 左:オレンジ・フロー/レッド 右:イエロー・フロー/ホワイト

丸みを帯びたフレームとレンズデザインが特徴のDEMOS。ハーフリムのように見えるが、下部のフレームをレンズに隠したデザインのフルリムアイウェア。こちらもUCIワールドチームのトレック・セガフレードへ供給されるモデル。オプションのオプティカル・クリップは、眼鏡を使用するユーザーのために度を入れることができます。(SPECTRO/DEMOS専用)

オレンジ・フロー/レッド
イエロー・フロー/ホワイト


・税込価格:¥22,000
・フレームカラー:オレンジ・フロー/レッド、イエロー・フロー/ホワイト
・レンズカラー:レッドミラー/可視光線透過率:23%
・重量:36g
・フレーム幅:145mm
・テンプル長:130mm

■SPEC(SPECTRO・DEMOS共通)
・交換可能なZeissポリカーボネートレンズ
・目を最大限に保護し素晴らしいパノラマビジョンを実現する一眼フレーム
・レンズの曇りを最小限に抑える4箇所のベンチレーション
・正確なフィットを提供する調整及び取り外し可能なノーズピース
・テンプルのMEGOLエラストマーよる優れたグリップと快適性
・2021年の限定カラー。新しい始まりのための活力をイメージしたエナジー・カプセル・コレクション

・オプティカル・クリップ装着可能(税込価格:¥6,600)

MOJITO³ Capsule Collection

 初代MOJITOは、KASKラインアップのなかでもカラー展開が多いモデルでした。それは後継モデルのMOJITO Xにも踏襲されましたが、最新のMOJITO³は少々控えめな6色展開。しかし2021年夏。KASKは「カプセルコレクション」

の名のもとに、5色の特別カラーを一回限りの限定生産として追加。夏野菜を思わせる5色のカプセルコレクションは、MOJITO³のカラーラインアップを華やかに彩ります。

OCTO FIT SYSTEMダイヤルの上から束ねた髪をだすことができます

歴代のMOJITOは被った時に頭が大きく見えないことや、帽体後頭部とOCTO FIT SYSTEMの間から束ねた髪を出すことができることから女性にも人気ですが、MOJITOはいつの時代も突出した安全性と際立ったデザイン性を両立したモデルであることが特徴です。もっともこれはKASKの全モデルに共通したことですが、MOJITO³は最新のKASKであり、欧州基準のWG11をクリアした安心安全なヘルメットです。

MANGO
ALPINE
BLOODSTONE
SEA ICE
ATLANTIC BLUE


MOJITO³ Capsule Collection 2021

価格:19,800円(税込価格)
サイズ:S(50-56cm)M(52-58cm)L(59-62cm)
    ※重量:230g(Mサイズ)

・KASKの象徴的モデルMOJITOの第3世代
・「今までで最も安全なヘルメット」を目指し、従来品と比べて後部で+32%、前部で+25%、上部で+12%の衝撃吸収向上を実現 
・ねじれ衝撃に対する安全性を含む欧州基準WG11に適合 
・軽量で柔軟なKASK独自のOCTO FIT SYSTEMを採用。ラバーコーティングされた調整ダイヤルは走行中でも簡単にフィッテイングの修正が可能 
・保護ポリカーボネートを、ヘルメット後部を含む外側全体から内側に回り込むように配置するMIT TECHNOLOGYは、全てのKASKヘルメットに採用される保護システム。転倒時に内部シェルを維持して衝撃を吸収し、ヘルメット本体の粉砕を防止 
・総面積約90%の開口部で高い通気性を確保 
・内部のポリスチレン層を外部のポリカーボネートと連結し、より優れた衝撃吸収性を実現するIN MOULDING TECHNOLOGY 
・通気性に優れたナイロン製のBLUE TECHインナーパッド 
・前モデルまでのシルエットを踏襲しながら凸部を減らしたコンパクトなフォルム 
・後部からの視認性を高める反射素材のアクセント

※1回限りの限定生産/入荷となります。

快適なBLUE TECHインナーパッド

Urban Model 発表

北イタリアのベルガモから、世界中に良質なヘルメットを送り届けるKASK社。スポーツモデルはロードレースのトップカテゴリーで戦う“INEOS Grenadiers”の機材サポートを行い、ヘルメットを通してチームを常勝軍団へと導きました。KASKはヘルメット製造のスペシャリストで、スポーツ用では自転車のほかにスキー&スノーボードや馬術のヘルメット、また建設業等の現場で使う安全用ヘルメットの開発製造を行い、それぞれのジャンルで高い評価を得ています。

自転車用のヘルメットはINEOS Grenadiersと共同開発を行い、安全で軽量、通気性も抜群のモデルを市場に送り出して来ました。世界のトップチームが使うことで、ロード用ヘルメットのイメージが強いKASKですが、実はそんなプロユースと同じくらい、力を入れて開発しているのがアーバン用ヘルメットです。それはKASKの製品に対するコンセプトが「ヘルメットで安全性を担保する」ことであり、ツール・ド・フランスでINEOS Grenadiersの選手が無事に栄冠を手にすることと同様、街中のサイクリストにもKASKのヘルメットで安全を提供したい強い想いからです。

2021年4月、KASKは新しいアーバンユースのヘルメットを2種リリースします。それは“URBAN R(アーバン アール)”と“MOEBIUS(メビウス)”です。我が国において、コロナ禍で通勤に公共交通機関を避け、職場への通勤に自転車の積極利用をしている人たちが増えていることを実感します。それは世界的なムーブメントであり、KASKとしてもこのタイミングで新しいモデルを投入してきたわけです。しかしアーバン用モデル2種といっても、その違いはなにか。この疑問に対してKASKはわかりやすい答えを用意していました。

カジュアルなヘルメット“MOEBIUS”

インフォーマルなヘルメット“URBAN R”

MOEBIUSは、ロードでもMTBでも、スポーツ車を颯爽と乗りこなすアクティブな層に向けたヘルメット。ロードモデルのようにたくさんのベントホールはありませんが。前頭部に開いたホールから効率よく取り込んだフレッシュエアを後頭部の大きなホールから抜き、ヘルメット内部のムレを防ぎます。脱着可能な小さなバイザーが付属しますが、このヘルメットのデザイン上のアクセントであり、少々の雨や光の反射を防いでくれます。カラーバリエーションもカジュアルウェアに似合うマット系の5色展開。程よくスポーツのテイストを持ちながら、E-BIKEにも似合う秀逸なデザインです。

対するURBAN Rは、ファッション性と機能性が絶妙にバランスされたヘルメット。スーツやジャケットに合わせても全く不自然ではない独特な雰囲気が特徴です。アイウェアを必要としない洒落たバイザーはUV防止機能に優れていますが、取り外しも可能。MOEBIUSほどスポーツライクではありませんが、その分、ムレを逃がすための開閉可能なアクティブベンチレーションが3か所、頭頂部から効率的にエアを抜きます。カラーラインアップはグロスカラーでMOEBIUSとの差別化を図り、前部のKASK3Dロゴが、このヘルメットの品位を高めます。

MOEBIUSとURBAN R。同じアーバンカテゴリーながら、しっかりとキャラクターを分けてきたKASK。もちろんどちらをどのように使うかはユーザー次第ですが、ともにねじれ衝撃に対する安全性を確保した新安全基準のWG11をクリアしたことは言うに及びません。MOEBIUS、URBAN Rともに、自転車販売店での予約は4月22日から。デリバリーは7月以降を予定しています。

MOEBIUS

カラーバリエーション:左上よりAsh、Champagne、Ivory、Jade、Onyx

販売価格:¥13,200(税込価格)
カラー:Ash・Champagne・Ivory・Jade・Onyx
サイズ:M(52-58cm)・L(59-62cm)
重量:420g(Mサイズ)
・現代的でスタイリッシュなデザイン
・摩耗に強いABS樹脂製のシェル
・アイウェアの使用に配慮したフィッティング調節システム
・多層織構造のチンストラップ
・ねじれの衝撃に対する安全性を確保した新基準WG11をクリア

URBAN R

カラーバリエーション:左よりNavy・Onyx・Ivory

販売価格:¥28,600(税込価格)
カラー:Navy・Onyx・Ivory
サイズ:M/L(54-59cm)・L/XL(60-63cm)
重量:410g(M/Lサイズ バイザーを除く)
・UV防止効果に優れ(UV400)、脱着が可能なバイザーが付属(ライトスモーク)
・開閉式のアクティブベンチレーションで通気性の調節が可能
・抗菌加工を施したシームレスな構造の熱成型インナーパッド
・合成皮革製のチンストラップ
・ねじれの衝撃に対する安全性を確保した新基準WG11をクリア

新製品情報 WASABI

KASKは3月6日にイタリアで開催されたワールドツアーレースのストラーデ・ビアンケ2021で、新製品のWASABIを発表しました。このモデルはこれまでも両者のパートナーシップにより数々のINEOS Grenadiersとのパートナーシップから誕生した最新作で、ロードはもちろんオフロードでの使用も可能です。今後、グラベルやシクロクロスなど、多くのシーンでWASABIを目にすることになりそうです。

右側がエンチレーションを全開にした状態

前頭部にワンタッチで開閉できるベンチレーションを設けてあるのが外観上の特徴で、このベントの調整により、ヘルメット内部の温度上昇を1.5℃に抑えることができます(速度等イコールコンディションの実験による)。また、この開閉機能による空気抵抗はミニマムで、風洞実験によると、時速50kmの走行時において解放時のパワー損失は1ワット未満とされます。

インナーパッドにはイタリアのREDAが製造したプレミアムメリノウールを採用して高い快適性を確保。安全性においては欧州基準のWG11をクリアしています。

モデル名のWASABIは、我が国の山葵が由来とのことです。現時点で価格やカラー、各種スペック、日本への導入時期などは未定ですが、詳細が決まり次第、本ページは弊社のSNS等でお知らせいたします。

ブリッツエンラヴァーズ

ブリッツエンラヴァーズのYUUさん(左)と倉瀬満帆さん(右)

栃木県は自転車に熱い自治体です。例えば宇都宮市はジャパンカップ/クリテリウムで多くの観客を集め、プロロードレースチームの「宇都宮ブリッツエン」が地域と密着した活動でロードレースの街として広く知られるようになりました。

宇都宮ブリッツエンを運営するサイクルスポーツマネージメントでは、サイクリストの注目度が高まる栃木県に更なる自転車熱を送り込むため、またスポーツ自転車の業界を盛り上げるために2020年4月、5人組の女性ユニット「ブリッツエンラヴァーズ」を結成しました。彼女たちはプロ選手ではありませんが、それぞれが胸に秘めた「自転車愛」で、ステージMCやイベントのゲストライダーとして活躍。また個々のInstagramやTwitterなどのSNSを活用して、自転車や地域の魅力を発信しています。

そんなブリッツエンラヴァーズが愛用するヘルメットは、KASKのMOJITO X。彼女たちの活動は多岐にわたりますが、このたび栃木県佐野市の各スポットを自転車で巡りながら様々な体験をする、佐野市のPR動画にメンバーのYUUさんと倉瀬満帆さんが出演されました。栃木県の公式動画チャンネルを是非ともご覧ください。

栃木県、自転車を楽しむコンテンツが充実していますね。

世界選手権男子個人エリートTTでフィリッポ・ガンナ選手が優勝

@Getty Images 

9月25日にイタリアのイモラサーキットを起点として開催された世界選手権のタイムトライアルで、KASKのBAMBINO PROで大気を切り裂き、イタリアのフィリッポ・ガンナ選手を優勝へと導きました。前半の計測ポイントでは、BMBINO PROを使うイネオス・グレナディアーズの選手がトップスリーを独占する快走をみせ、後半も気を吐いたガンナ選手が優勝しました。

レースの詳細やガンナ選手のコメント、BAMBINO PROがガンナ選手の勝利に貢献する様子などは、サイクリングファンのための情報サイト“cyclowired”さんに掲載されています。こちらも併せてご覧ください。
https://www.cyclowired.jp/news/node/332449

@Getty Images 

新製品情報 MOJITO³

MOJITO(モヒート)はKASKの人気シリーズです。コンパクトなフォルムとデザインで「頭が大きく見えない」ことから、女性サイクリストからも高い支持を得ているモデルですが、このたびMOJITOの第3世代が発売となりました。最新のMOJITOには“MOJITO³(モヒート・キューブ)”の名が与えられ、欧州基準のWG11をクリアした最新の安全性が自慢です。

オフィシャルサイト内にMOJITO³のページを公開しましたので、是非ともご覧ください。↓

http://www.kask-cycling.jp/products/mojito3.php

価格改定のお知らせ

KASKヘルメットはLIFESTYLEを除く全モデルにおいて、価格の改定を行いました。よりいっそうお求めやすくなったKASKのヘルメットで、安全で快適なサイクリングライフをお過ごしください。(価格は全て本体価格です)

■BAMBINO PRO
 旧価格:50,000円 → 新価格:40,000円

■BAMBINO PRO マットカラー
 旧価格:53,500円 → 新価格:42,000円

■MISTRAL 全カラー
 旧価格:50,000円 → 新価格:42,000円

■UTOPIA 全カラー
 旧価格:34,000円 → 新価格:29,000

■PROTONE
 旧価格:30,000円 → 新価格:28,000円

■PROTONE マットカラー/PRO TEAMカラー
 旧価格:33,000円 → 新価格:31,000円

■INFINITY 全カラー
 旧価格:29,500円 → 新価格:26,000円

■VALEGRO
 旧価格:25,000円 → 新価格:22,000円

■VALEGRO マットカラー/PRO TEAMカラー
 旧価格:28,000円 → 新価格:25,000円

■MOJITO X
 旧価格:19,500円 → 新価格:16,000円

■MOJITO X マットカラー
 旧価格:22,000円 → 新価格:18,000円

■MOJITO X PEAK 全カラー
 旧価格:20,500円 → 新価格:17,000円

■RAPIDO 全カラー
 旧価格:9,500円 → 新価格:8,500円

■REX 全カラー
 旧価格:28,000円 → 新価格:22,000円

■CAIPI 全カラー
 旧価格:20,000円 → 新価格:18,000円