ATHLETES - アスリート

田崎 友康(たざき ともやす)

所属F(t)麒麟山Racing
生年月日1979年3月4日
出身地新潟県新潟市
ジャンル自転車ロードレース、シクロクロス、ヒルクライム
WEBF(t)麒麟山Racing 女池支部のブログ

会社の先輩にマウンテンバイクの草レースに誘われたことがきっかけとなり、2001年から自転車との距離がグッと近づく。そして、会社の先輩とその兄が中心のチーム、F(t)Racingに入会。

その後、F(t)Racingはメンバーの増加や本格的なレース参戦を契機として、2008年に全日本実業団自転車競技連盟に登録。2009年には麒麟山酒造㈱と (有)インテグレートグラフィックスが協賛に加わり、F(t)麒麟山Racingにチーム名を変更。チームでの活動を通じて、フィジカル、テクニック、メンタルの全てが鍛えられ、登りのレースで結果が出るようになる。そして、Mt.富士ヒルクライム優勝で2連覇、2012年のマウンテンサイクリングin乗鞍では2位入賞を果たす。

次なる目標として、持前のヒルクライム能力を活かし、アマチュア最高峰のロードレースの挑戦を始める。その結果、2015年には国体で7位入賞、ツールド沖縄市民210kmで4位入賞を果たす。その後も、ニセコクラシックで総合優勝、ツールド沖縄市民210kmで再び4位入賞し、現在もロードレースを中心に活動している。

2019年は40代の仲間入りとなり、新たな目標を設定。それはシクロクロスのマスターズで全日本チャンピオンになること。空力に優れ、格好良さでも秀逸なKASKのヘルメットと共に、日本一を目指す。

戦績
2010年時空の路ヒルクライムin会津 優勝
枝折峠ヒルクライム 優勝
2011年Mt.富士ヒルクライム 優勝
2012年Mt.富士ヒルクライム 優勝
マウンテンサイクリングin乗鞍 2位入賞
2013年内灘サイクルロードレース ロードレースチャンピオン 優勝
2014年Mt.鳥海バイシクルクラシック 総合優勝
JBCF輪島ロードレース E1優勝
2015年和歌山国体ロードレース 7位入賞
ツールド沖縄市民210km 4位入賞
2016年いわて国体出場
2017年UCIニセコクラシック 総合優勝
UCIグランフォンド世界選手権 ALBI 出場(パンクリタイア)
2018年UCIニセコクラシック 総合3位入賞
ツールド沖縄市民210km 4位入賞

洞ノ上 浩太 (ほきのうえ こうた)

所属Yahoo! JAPAN
生年月日1974年3月30日
出身地福岡県飯塚市
ジャンル車いす陸上競技(フルマラソン)
WEB洞ノ上 浩太公式ブログ

2000年3月、オートバイの事故により脊椎を損傷。2年後の2002年4月、知人の勧めにより車いす陸上競技を始め、同年10月の大分国際車いすマラソンハーフの部でデビュー。以後地元の福岡県で精力的なトレーニングを行い、14年間の競技生活で数々の大会で日本人初となる優勝を飾り、現在に至る。

2016年2月の東京マラソンでは3位でフィニッシュ。日本人選手1位で、リオデジャネイロパラリンピックの日本代表を獲得。リオの大舞台では、大集団でのゴールスプリントのなか、7位でフィニッシュ。メダルには届かなかったが、表彰台への大きな手ごたえを感じて、2020年の東京で更なる上を目指す。洞ノ上浩太はカスタムペイントを施したKASKのヘルメットとともに走り続ける。

アジア大会戦績
2006年12月フェスピック・クアラルンプール大会
フルマラソン金メダル
2010年12月アジアパラゲームズ広州大会
5000m銅メダル フルマラソン金メダル
世界選手権戦績
2006年9月IPC世界選手権競技大会 フルマラソン 9位(初代表)
2011年1月IPC世界選手権競技大会 1万m銀メダル
2013年7月IPC世界選手権競技大会 フルマラソン銅メダル
パラリンピック戦績
2008年9月北京パラリンピック
5000m・フルマラソン共に5位入賞
2012年9月ロンドンパラリンピック フルマラソン6位入賞
日本記録
5000m9分55秒04
10000m19分51秒80
フルマラソン1時間20分52秒

車いす陸上のルール

通常の陸上競技に準じるかたちで、100m、200,、400m、800m、1,500m、5,000m、10,000m、100m×4リレー、400m×4リレー、フルマラソンなどの種目に分かれ、最速タイムを競う。

ちなみに一般の陸上競技と異なるのは、フィニッシュ判定がトルソー(胴体)ではなく車椅子前輪の車軸である点。国際陸上競技連盟が定める競技規則に則りながら、障害者が安全かつ公平に競技を行えるよう徐々に改正が加えられ、現在に至っている。(洞ノ上 浩太公式HPより)